生存報告

IT関連・セキュリティ・娯楽のエントリをたまに書いて、存命であることを報告するページ。

IPv6に対する検証コマンドのメモ

IPv6のサーバに対して検証をする機会があって、コマンドとかIPv4とは勝手が違う部分があって苦労している。

 

あまりまとまっているページが見当たらなかったので、調べた内容を把握する範囲でメモしておこう。

基本的には、クライアントはLinux環境を想定している。

 

コマンドなど

 

ping

ping6コマンドを使う。

 ping6 -c 3 2001::abcd

リンクローカルアドレスはインタフェース番号を末尾に付ける。

ping6 -c 3 fe80::abcd%eth0

 

WindowsではpingコマンドでOK。

 

telnet

-6オプションを付ける。

 telnet -6 2001::abcd 80

 

Windowsではオプション不要。

 

ssh

-6オプションを付ける。

ssh -6 2001::abcd

 

ftp

-6オプションを付ける。

ftp -6 2001::abcd

 

ssl

接続にはncatを使う。

調べた限りOpenSSLではv6に接続できなかった。

ncat -6 --ssl -v 2001::abcd 443

 

OpenSSLが使えなかったので、Cipher Suiteの確認はsslscanかnmapを使う。

sslscanの場合:

sslscan --ipv6 [2001::abcd]:443

nmapの場合: 

nmap -6 --script ssl-enum-ciphers -p 443 2001::abcd

 

nmap

-6オプションを付ける。

nmap -6 2001::abcd

 

Nessus

Linux環境からスキャンする。

Windowsだとスキャンできない。(5.2のhelpには「IPv6 is now supported on most Windows installations」とあるが、期待した結果が得られなかった)

 

OpenVAS

Linux環境からスキャンする。

 

 

ひとまず以上。

追加があれば追記する。